« 栄養たっぷりの温かい野菜サラダ( *^_^*) | トップページ | 語彙力を強化するためのとっておきの学習方法 »

長期記憶するためのポイントは、定期的な反復にある!

長期記憶するためのポイントは、定期的な反復にある!


受験生の皆さんは、「この間覚えたばかりなのに、その内容が出題されてもテストで解答できなかった」という経験はありませんか?

でも、自己嫌悪に陥る必要はありません。

なぜなら、それは人間として当たり前のことだからです。

ドイツの実験心理学者、エビングハウスの「記憶の実験」によりますと、

人間は、情報を記憶しても


20分後に約42%、


1時間後に56%、


9時間後に約64%、


6日後には約76%を確実に忘れていくそうです。

彼の実験の結果から、学習するときには、まとめてたくさんの内容を頭に詰め込むよりも、


ある程度の間隔を置いて覚える方が


効率良く記憶できることが証明されています。


つまり、短期間に集中して学習しても記憶に残すことは難しく、


すぐに忘れてなかなか定着できないということなのです。

逆に、ある情報を脳に送り込んで


その内容を忘れかけた頃に再度同じ情報を送り込めば、記憶をしっかりと定着させることができるということです。

ですから、特に暗記をしなければならない学習は、

この実験結果をある程度参考にして、


繰り返し反復しておくといいと思います。

例えば、朝「社会の歴史の年号や出来事」を覚えたら、

お昼ご飯を食べた後、もう一度確認し、

さらに寝る前にベッドの中でおさらいしてはどうでしょうか。

すると、学習内容を覚えてから、


記憶が薄れていく前に再び確認することになりますので、


確実に知識として定着するはずです。

人間は、忘れるようになっているのですから、


工夫を凝らして、タイミングよく繰り返し学習内容の確認をして、


試験本番に活かせるようにするとバッチリですよ!

「ブログランキング」

いつもご訪問ありがとうございます。


恐れ入りますが、この記事がお気に召しましたらクリックをお願い致します。


受験ブログ 受験生の親


にほんブログ村 受験ブログ

|

« 栄養たっぷりの温かい野菜サラダ( *^_^*) | トップページ | 語彙力を強化するためのとっておきの学習方法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長期記憶するためのポイントは、定期的な反復にある!:

» 【3日間キャンペーン】記憶術"日本一"を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術 [おかねのなるき]
このようなスキルを手に入れ資格試験や受験を楽々合格を勝ち取っています。 この... [続きを読む]

受信: 2010年12月 1日 (水) 16時05分

« 栄養たっぷりの温かい野菜サラダ( *^_^*) | トップページ | 語彙力を強化するためのとっておきの学習方法 »