« 誰にでも「試されている」ときがある。 | トップページ | 「悩む」ということは「能力が高い」ということ。 »

目標が身体の一部になるまで。

目標が身体の一部になるまで。


オリンピックの金メダルを目標に決めたスポーツ選手たちは、

1日24時間を目標と共に生きているといいます。

早朝から夜遅くまで、連日トレーニングに明け暮れます。

まさに、目標一色に塗られた青春ですが、

金メダルを手にしてにこやかに笑っているかげには、

毎日のとてつもない努力の積み重ねがあるのですよね。

それこそ、目標と一緒に呼吸し、

目標と共に眠って

目標と共に24時間を生きている感じですね。


もちろん、私たちはオリンピック選手になろうとしてるわけではありません。

それでも、必ず自分の目標は持っているはずです。

大切な目標を持っているのであれば

たとえ、それがオリンピックの金メダルでなくても

その目標を達成するために

真剣に取り組みたいものです。

そのためには、

まずは、そのことをひたすら考え抜くことです。

すると、不思議にその目標に向かって

一生懸命になりたくなります。

「努力」というと、案外間違ってとらえているケースが多いのですが、

無理やり頑張るのは、「努力」ではないことを知って下さい。

本当の努力というのは、


意識しなくても自然にそう努めてしまうことなのです。

心から願って、四六時中その目標を考えていると、

努力せずにはいられなくなります。

本当に達成したい目標は、

いつも考えていると、必ずいい方向に自分の頭も身体も動きだしますよ!


「ブログランキング」

いつもご訪問ありがとうございます。


恐れ入りますが、この記事がお気に召しましたらクリックをお願い致します。


受験ブログ 受験生の親


にほんブログ村 受験ブログ

|

« 誰にでも「試されている」ときがある。 | トップページ | 「悩む」ということは「能力が高い」ということ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目標が身体の一部になるまで。:

« 誰にでも「試されている」ときがある。 | トップページ | 「悩む」ということは「能力が高い」ということ。 »