« 「結果」だけを見ないで「中身」を見て下さい。 | トップページ | お休みの日に親子で料理をしてみよう! »

地理の学習は。

地理の学習は。


学習について何かをお伝えするときには、国語のお話が多いのですが、

今日は社会のお話にちょっと触れます。

最近、「お母さま塾」の授業で、「うちの子は、地理はどんなに頑張って学習しても覚えられないようで、テストでもまったく結果が出ないんです」というご相談を頻繁に承ります。

意外と地理が嫌い、あるいは苦手という受験生は増えているようです。

地理というのは、その土地の気候や風土をベースとして、

どんな農作物が作られているのか

どんな工業が発展しているのか

どんな工芸品が作られているのかなど

その土地、土地の特徴を覚えていく必要があるのですが、

暗記をして

がむしゃらに覚えていけばいいというものではありません。

よく表のようなものを作成してそれを丸暗記している受験生がいらっしゃいますが

それを無理矢理頭に詰め込んでも

おそらくすぐに忘れてしまうはずです。

地理は、まず地形をよく見て位置的にどうなっているのかを確認し、


どうしてその土地がそういう気候なのか、

どうしてそのような環境なのか、

それをまずは理解して下さい。

農業や工業、工芸品はその土地の環境からうまれでたものです。

例えば、お米をつくるにはお米の育つ環境が、


リンゴやみかんを生産するには、それぞれの適した環境が必要になります。


これは、農産物だけではなく

工業もその土地の環境や条件に合わせて、発展しているのです。

暑かったり、寒かったり、海が近かったり、山が多かったり、川がたくさんあったり、盆地だったり…

その地形には、それぞれの環境があります。


その土地の環境を理解していれば、

農業や工業などの発展も、


なるほど〜!

と思うことばかりです。


地理は、まず、地図帳を見ながら、この「なるほど〜!」から始めて下さい。

ここから始めれば、確実に記憶に残りますよ!

「ブログランキング」

いつもご訪問ありがとうございます。


恐れ入りますが、この記事がお気に召しましたらクリックをお願い致します。


受験ブログ 受験生の親


にほんブログ村 受験ブログ

|

« 「結果」だけを見ないで「中身」を見て下さい。 | トップページ | お休みの日に親子で料理をしてみよう! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地理の学習は。:

« 「結果」だけを見ないで「中身」を見て下さい。 | トップページ | お休みの日に親子で料理をしてみよう! »