« 夏野菜をしっかり食べて夏バテ防止。 | トップページ | 「ペン」は「人を幸せにするため」に使いたい! »

法律の大切さや法的な考え方をわかりやすく語りかけてくれる貴重な1冊。

法律の大切さや法的な考え方をわかりやすく語りかけてくれる貴重な1冊。
私たちの生きている社会は法冶国家であり、すべて法律に基づいてシステムが組み立てられているのですから法律をより深く理解し、知識を身につけていくことは重要なことです。

でも、法律の知識をどのように身につけていったらいいのか、と迷われる方は多いのではないでしょうか。


荘司先生の『13歳からの法学部入門』は、法律についての素養を培うために大切なことをやさしく語りかけるように解説してくれています。


法律に関する著書は比較的専門用語の羅列で難しく感じられるものが多いのですが、こちらは非常にわかりやすく、小学生から大人まで楽しく読み進められます。


荘司先生にご快諾を頂きまして『読みテクトレーニング「説明文」「論説文」』の「ドリル27」の問題文としても「基本的人権の尊重」についての先生の文章を掲載させて頂いております。


「憲法」は、入試問題に頻出する絶対におさえておいて欲しいポイントですので、ぜひ受験生に読んで頂きたいという願いを込めて掲載させて頂きました。

例えば、麻布中学校の平成20年度では、「大日本帝国憲法の内容」と「日本国憲法の内容」はどのような点で違うのですか?という記述形式の問題が出題されています。


その他の学校でも、憲法についてはあらゆる角度から問われます。

国家の根本的枠組みを定めている憲法を理解しておくことは、法律を正しく理解する上でも欠かせません。


このご著書は、憲法も含め、法律というちょっと馴染みのない世界を身近に引き寄せてくれる魅力的な1冊です。

入試にも役立ちます。

お勧めです!!

「ブログランキング」

いつもご訪問ありがとうございます。


恐れ入りますが、この記事がお気に召しましたらクリックをお願い致します。


受験ブログ 受験生の親


にほんブログ村 受験ブログ

|

« 夏野菜をしっかり食べて夏バテ防止。 | トップページ | 「ペン」は「人を幸せにするため」に使いたい! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法律の大切さや法的な考え方をわかりやすく語りかけてくれる貴重な1冊。:

« 夏野菜をしっかり食べて夏バテ防止。 | トップページ | 「ペン」は「人を幸せにするため」に使いたい! »