« 法律の大切さや法的な考え方をわかりやすく語りかけてくれる貴重な1冊。 | トップページ | 簡単にすぐできちゃう、ほどよい酸味のきいたパスタです。 »

「ペン」は「人を幸せにするため」に使いたい!

「ペン」は「人を幸せにするため」に使いたい!
最近、あるサイトの投稿について、たくさんの方よりいろいろと励ましのメールを頂きました。

個人的にはお礼のメールを申し上げましたが、皆さまに自身の気持ちをお伝えしよう
と思い、その件に触れさせて頂きます。

このサイトのことはスタッフも心配して後日私に書き込みの内容を報告してくれました。

(このサイトの会社の良識あるご判断でこのページは削除されております)

最初の方では

「ブログにお料理がたくさん掲載されていて本業は何だろう?」

「うさんくさい」

「プロフィールも自画自賛」(ちなみにこれは出版する際にご相談しながら決定した
ものです)

というような、否定的なコメントの投稿が続いたようですが、

途中から、

「ネガティブレスばかり続くのは不自然」

「常識のある人なら、有名人でもない実名をスレタイに書かない」

「仕掛けているのではないか」

「実名を書いていやがらせをするのは卑劣」

「あちこちのスレタイに書いているので分別のある人ならわかる」

というように、仕掛けた人物への批判が相次いだようです。

こういう私の名前を使ったスレッドが立ち上がったのは、2度目です。

多少文章を変えていてもほぼ内容は同じですので、見る方が見れば同一人物だということはすぐにわかります。

私は、その方を非難するためにこの件について書かせて頂いているのではありませ
ん。

こういうことがあれば、何事にも毅然と襟を正し、受験生や親御さまのお役に立てる
ように、より一層頑張ろうという気持ちになります。

謙虚さは充分であるか、人に対する思いやりは充分であるか、常に我が身を振り返るきっかけにもなりました。

ただ、こういうスレッドによってご迷惑をおかけする方もいらっしゃいます。

例えばプライム・ミッションのスタッフや文芸社の方々です。

文芸社では、確かに「本を出したい!」という夢を持った人たちが原稿を持参して、その方たちの願いをかなえて下さる出版システムもそなえています。

しかし、しっかりと原稿を吟味し、それを企画本として商業出版するシステムも両方そなえている素晴らしい出版社なのです。

私は幸運にもその企画本として、この度『読みテクトレーニング』を商業出版させて頂きました。(文芸社 第2編集部へお問い合わせ頂ければご確認頂けます)

著書を作成するにあたり、担当編集者の方は非常に情熱を持って取り組んで下さいました。

3月末に出版された『読みテクトレーニング「説明文」「論説文」』のときには、お
正月休みでさえ打ち合わせに応じて頂きました。

その方の的確なご指導がなければあの本はこの世に出せなかったと思います。

また、プライム・ミッションのスタッフはいつも業務上のみならず精神的にも支えて下さっています。

本当に素敵な方々で、感謝の気持ちでいっぱいです。

「ペン」を執る、すなわち「何かを書く」という行為は人を傷つけることも人を幸せにすることも可能です。

嘘をでっち上げて人を蹴落とすことは簡単ですし、また心のこもった文章で読者に感動を与えることも可能な世界です。

また今後も同じようなことがあるかどうかはわかりませんが、毎日感謝の気持ちを忘れず自分にできることを精一杯頑張りたいと思います。

私自身、著書だけではなく、メールマガジンやブログなど、「何かを書く」という活動をずっと続けていく所存でございますが、自分が「何かを書く」ときに、「人を幸せにする」レベルにはとても及ばないかもしれませんが、少なくとも「人さまのお役に立つために何が書けるのか」をいつも意識していこうと思っています。

メールやお電話でご連絡を頂いた方々、本当に、本当にありがとうございました!!

感謝を込めて。   
          早瀬律子

「ブログランキング」

いつもご訪問ありがとうございます。

恐れ入りますが、この記事がお気に召しましたらクリックをお願い致します。

受験ブログ 受験生の親

にほんブログ村 受験ブログ

|

« 法律の大切さや法的な考え方をわかりやすく語りかけてくれる貴重な1冊。 | トップページ | 簡単にすぐできちゃう、ほどよい酸味のきいたパスタです。 »

コメント

 世間には、努力して成果に繋げている人に対して逆切れし(羨望の裏返しですね)、顔を見せずに名乗らずに・・・一方的に誹謗中傷する卑怯な人がいますが、気にしないことですね。
 
 早瀬先生の講師としての実績は本物ですし、美しい日本語で日々綴られる文章を楽しみにしている読者が大勢います。
 
 今こそプラス思考で、バラ色の明るい未来に繋げてくださいね!
 

投稿: Peach | 2011年7月25日 (月) 16時13分

Peachさん

励ましのコメントをありがとうございます。
このようなお言葉、たいへん恐縮です。

多くの方よりご連絡を頂きまして、改めて多くの方とのかかわりの中で自分は生かされているのだということを実感しております。

これからも感謝の気持ちを常に忘れずに、微力ながら1日、1日、自分のベストを尽くしていこうと思っております。


受験生をお抱えのお母さまは常にご多忙だと存じますが、季節柄、どうかくれぐれもお身体に気をつけて頑張って下さい。

心より応援しております。


本当にありがとうございました!

感謝を込めて。        早瀬律子

投稿: 早瀬律子 | 2011年7月25日 (月) 21時18分

インターネットの世界は、悪質な人がおろかないやがらせを簡単にできる環境にあるのが大きな欠点ですね。

最近は子供のいじめにまで利用されているようです。道徳を大人が示す必要があると思うですが、残念な人もいます。

インターネット上の言葉の暴力は、自分の正体を明かさずにいられるのですから、最も許せない行為です。
大人が正しい道を示さなければ、子供たちの世界も乱れるばかりです。

ペンは人を幸せにする為に使いたいという大人がもっと増えていけばいいですね。

投稿: greenfield | 2011年7月31日 (日) 14時08分

greenfieldさん

素敵なメッセージをありがとうございました。

インターネットは、受験生の親御さまにとって情報収集をするために必要なツールになっていると思います。

私は、このような素晴らしいツールを創りだした人間の知恵は偉大だと思います。

あとは、これをどのように私たちが利用し、自分たちを向上させていくかだと考えています。

私も微力ながら、このインターネットへ何かの言葉を発信するとき、そのことを常に念頭におきたいと思っております。

お子さまたちというのは、将来をになっていく尊い存在です。

安心できる、穏やかで、満ち足りた環境をつくれるように私たち大人も頑張っていきたいですね!

季節柄、どうかくれぐれもお身体ご自愛下さいますように。

本当にありがとうございました!


感謝を込めて。     早瀬律子

投稿: 早瀬律子 | 2011年8月 1日 (月) 08時08分

スレッドを読んだ感想ですが、これは悪質です。
先生のイメージを意図的に損なうように書かれていますね。
法的にしかるべき処置をとることもできるのではないでしょうか。

どの世界でもあることですが、こうしたいやがらせは許されるべきではないと思います。

先生、頑張ってください。

投稿: giorgio | 2011年8月 7日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366140/40917443

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペン」は「人を幸せにするため」に使いたい!:

« 法律の大切さや法的な考え方をわかりやすく語りかけてくれる貴重な1冊。 | トップページ | 簡単にすぐできちゃう、ほどよい酸味のきいたパスタです。 »