« 文章を読むときのちょっとしたコツ! | トップページ | 短期的な目標設定にはSMART の原則が有効です! »

助詞の正しい使い方を習得する遊び。

助詞の正しい使い方を習得する遊び。

本日は、浜学園首都圏エリア統括責任者の細谷先生とタイアップセミナーを開催致し
ました。

多くの素晴らしいお母さまとのご縁に心より感謝を申し上げます。

今回、たまたま学校のPTAなどのご都合でいらっしゃれなくて、「残念です。次回は
ぜひ!」というお声もたくさん頂きました。

そこで、本日お話を致しました内容の一部、「文章を書く時に正しく助詞を使いこな
すコツ」をこのブログでご紹介することに致します。

文章中の助詞というのは、具体的に代表的なものを挙げますと

1文字のものは→「が」「は」「へ」「に」「を」「で」「も」・・・

2文字のものは→「から」「まで」「より」「ので」「だけ」・・・

というような言葉です。

助詞と言うのは文章を書く上で非常に重要で、上記のような言葉の使い方を間違えて
しまうと、主語があいまいになったり、意味不明の文章になってしまいます。

ですから、この助詞は、できるだけ早いうちから正しく使えるようにする必要があり
ます。

今日は、低学年のお子さまをお持ちのお母さまも対象としたセミナーでしたので、
「お子さまが助詞を使いこなせるようになる面白い遊び」をご紹介させて頂きまし
た。

① まず、名詞(ものの名前や人名など)を書いたカードをお子さまと一緒にたく
さん作ります。

カード1枚に1つの言葉を書きます。

例えば、りんご、猫、机、家、駅、公園、時計、水、こたつ、ミッキーマウ
ス・・・・

なんでもOKです。

②次に、動詞(動作を表現する言葉)を書いたカードをお子さまとたくさん作ってお
きます。

例えば、行く、帰る、食べる、泣く、笑う、走る、歩く、寝る・・・

動作を表す言葉ならなんでもOKです。

③そして、助詞を書いたカードを作ります。

カード1枚に1つの助詞を書きます。

例えば、1枚のカードに「が」とか「は」とか「に」というようにそれぞれ書いてお
きます。

④カードが作成できたら親子でそのカードを使って組み立てて遊びます。

「兄」       「が」      「めがね」     「を」     「かける」

  ↑      ↑         ↑       ↑       ↑

(名詞カード)(助詞カード)(名詞カード)(助詞カード)(動詞カード)

というような具合でカードを組み立てていろいろな文章を作っていく

のです。

すると、お母さまと一緒に助詞の使い方を学ぶことができます。

また自然と文章の「主語」と「述語」の関係をしっかりと把握することもできます。

これをゲーム感覚で親子で楽しんでみて下さい。

気づかないうちに助詞の使い方が自然と身について、文章を書くときにも正しく活用
できるようになりますよ!

「ブログランキング」

いつもご訪問ありがとうございます。

恐れ入りますが、この記事がお気に召しましたらクリックをお願い致します。

受験ブログ 受験生の親

にほんブログ村 受験ブログ

|

« 文章を読むときのちょっとしたコツ! | トップページ | 短期的な目標設定にはSMART の原則が有効です! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 助詞の正しい使い方を習得する遊び。:

« 文章を読むときのちょっとしたコツ! | トップページ | 短期的な目標設定にはSMART の原則が有効です! »