« 「論説文」を読むときに使って欲しいコツ! | トップページ | 過去問分析で「志望校がどういう生徒を求めているのか」をキャッチしましょう! »

ヤル気を持続させるために!

ヤル気を持続させるために!

受験生というのは、当然、テストを受ける機会がたくさんあります。

入試だけではなく、塾においても、定期テストがあり、

多くの塾では、テストの結果でクラス編成がありますので

成績がアップして上のクラスに上がったり、

また調子が悪くて下のクラスに下がったりしますね。

すると、受験生は常に「クラスの上がり下がり」に翻弄されることになります。

クラスが上がった時はいいのですが、

下がった時には、親子共々非常にテンションが下がるケースがあります。

しかし、どんなに優秀な受験生でもずっと上昇し続けることは難しいのです。

成績がもし下がってしまったとしても、調子が悪い時があって当たり前だと思って下さい。

実は、この「ああ、失敗しちゃった!」という時にヤル気を持続できるかどうかが勝負の分かれ目です。

「成績が落ちた」という概念を捨てて、

「苦手なところを克服するチャンス」だと捉えて下さい。

落ち込む時間はもったいないです。

これからの対策をすぐに立てましょう。

そういうときには、さっそく次の手順で復習をして下さい。

①「何ができなかったのか」を分析していきます。

テストを隅から隅までよ〜く見直して下さい。

②「できなかった項目」をリストにして書いていきます。

例えば、

<国語>
・知識問題 
「慣用句」の意味

・読解問題 
「論説文」
 接続詞の空欄補充問題
 記号選択式問題

というように。

③リスト・アップしたら、その部分の復習です。

例えば、知識問題の「慣用句」についての問題ができなかったら、徹底的に塾のテキストや参考書などを使って「慣用句」を覚えましょう。

いっぺんに覚えるのはたいへんですから、「1日5コ」というように決めて

“少しずつ、しかし着実に”学習を進めていくことをお勧めします。

(ただし、受験本番を間近にひかえている場合は、気合いを入れてたくさん覚えて下さいね)

そうすれば、その後の国語のテストで、「慣用句」が出題されたら、バッチリ正解できますよね!

このようにテストのたびごとに

「分析」
 ↓
「リスト・アップ」
 ↓
「対策を立てて学習」

を繰り返していけば、ヤル気がまた再生します。

肝心なことは、「転んでもただでは起きない!」という意識を持ち、

即、行動にうつすことです。

受験本番をひかえた受験生も、まだまだ間に合います。

最後まであきらめずに前進あるのみです。

動揺することはありません。

弱点を発見したときこそ自分を成長させるチャンスです。

ぜひチャンスを活かして頑張って下さい。

「ブログランキング」

いつもご訪問ありがとうございます。

恐れ入りますが、この記事がお気に召しましたらクリックをお願い致します。

受験ブログ 受験生の親

にほんブログ村 受験ブログ
Ritsuko〓

|

« 「論説文」を読むときに使って欲しいコツ! | トップページ | 過去問分析で「志望校がどういう生徒を求めているのか」をキャッチしましょう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366140/43805749

この記事へのトラックバック一覧です: ヤル気を持続させるために!:

« 「論説文」を読むときに使って欲しいコツ! | トップページ | 過去問分析で「志望校がどういう生徒を求めているのか」をキャッチしましょう! »