« 2012年6月 | トップページ | 2016年4月 »

2013年1月

読解力は「読む力」の土台づくりから☆

2013年も、皆さまに感謝を込めて!

受験生の皆さんに「読解問題文を読む上で 大切なポイントをお伝えしたい」

という、長年の私の願いを込めて書かせて頂いたのが

『読みテク』シリーズの3冊です。

幸運にも商業出版として世に出して頂きました。

(一部間違った情報が流れているようですが自費出版ではございません。正確な情報が必要な方は、文芸社 第二編集部までご確認をお願い致します)

本書を出版するにあたっては、編集者の方の英知におすがりし、なみなみならぬお世話になりましたのはもちろんのこと、

書店に並べて頂いているのも、販売部の方々のご尽力と、本当に胸が熱くなります。

受験生の皆さんや親御さまは、すでにご存じかと思いますが、

国語の読解問題のはじめには、

必ず「次の文章を読んであとの問いに答えなさい」と書かれています。

つまり、それは、

「次の文章(問題文)にあとの問い(設問)の“答えのヒント”が書かれているので

それをもとにして答えなさい」

ということを意味します。

ですから、テストのときには、

①問題文をきちんと理解する。

     ↓

②設問の「答えの手がかり」を問題文中から探す。

     ↓

③その「手がかり」を根拠として解答する。

という3つのステップを踏まなければなりません。

しかしながら、

テストのときに「問題文の読み」を漫然と行ってしまうと

文章理解が甘くなり「答えの手がかり」が探し出せなくなってしまいます。

すると、正解へ辿り着くのが難しくなります。

文章には、各ジャンル別に“きまりごと”があり、それを意識して読むことで

正しく内容を理解することができます。

この3冊の著書については、ご購読下さった たくさんの方々が、

ブログやTwitterで本のご感想をご紹介下さり、本当に私は幸せ者だと感じております。

心より感謝を申し上げます。

読解力を磨くためには、

まずは「読む力」の土台づくりが何よりも大切です。

入試に必要な3つのジャンルの“文章のきまりごと”を理解し、

「正確に読み取る力」を育んで頂ければ幸せです!

「ブログランキング」

いつもご訪問ありがとうございます。

恐れ入りますが、この記事がお気に召しましたら下記(2つのリンク)のクリックをお願い致します。

受験ブログ 受験生の親

にほんブログ村 受験ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2016年4月 »